事業内容

助成金申請をトータルサポート

助成金は自分で申請することが可能ですが、申請手続きが複雑だったり、書類不備や見解の相違等によって受給ができなかったなどのケースもありますので、専門家へ頼むことでリスクを減らすことができます。

助成金は新設、廃止、助成金の受給要件や支給額の変更などが頻繁に行なわれるため、インターネットや書籍での情報収集では追いつかないのが現状です。各助成金にはそれぞれ申請期限が設けられていますので、期限を過ぎてしまったら支給されません。なので、申請するタイミングも重要です。また、様々な手続きが求められ、多くの時間が費やされます。その上で、管轄機関の担当者が審査決定を円滑に進めやすいよう不備の無い書類を作成する必要があります。

助成金の申請は一度提出して完了するというものではありません。その管轄機関へ何度も出向く必要があり、最終的に助成金が振り込まれるまでには長い時間と労力がかかります。
また、助成金申請書類の内容や、申請理由、作成した書類の整合性を担当者に説明できる交渉力が必要です。忙しい中、時間を割いて申請をしても、不支給となってしまっては意味がありません。
そんな時、専門家に依頼することで行政機関との折衝のほとんどを専門家に任せることができ、事業主様が出向く必要がなくなります。何度も書類修正をする間に申請期限が過ぎてしまったなどのトラブルも回避することができます。

イメージ

助成金申請に必要な法定帳簿や就業規則の整備

助成金の多くが厚生労働省の管轄であることから、助成金の申請において「法定帳簿」や「就業規則」を提出する必要がある場合が多く存在します。労働基準法に違反した就業規則や、要件に合致しない条項が入っていたりすると申請が却下されてしまいます。専門家が法定帳簿の整備や就業規則の見直しなどを行い、助成金申請をサポートします。

助成金のススメについて

「助成金のススメ」は、トータルサポート社労士事務所のサービスです。助成金の計画から運用、支給までワンストップでご利用ができます。
わたしたちが納めている雇用保険が財源ですので、せっかくであれば条件さえ満たせば抽選など無くもらえるこの「助成金」を上手くご活用してみませんか?

「助成金のススメ」ご支援のながれ

STEP1

ヒアリング・ご提案

助成金に伴うヒアリング、ご提案できる助成金のご説明をさせていただきます。

STEP2

助成金お見積審査の実施

御社に適した助成金を割り出し、お見積審査いたします。
※ここでのご判断でコンサルティング契約されるか否かををお決めください。

STEP3

コンサルティング契約後、
各種書類整備・申請書作成 提出

コンサルティング契約後、各種助成金の申請書類の作成、及び雇用契約の整備、就業規則の確認を行います。その後、管轄の労働局へ書類を提出致します。

STEP4

助成金運用の実施

各種助成金の運用を行います。実施内容等に関しましては随時サポート致します。

STEP5

支給申請の準備・作成

各種助成金の運用実施後、国への支給申請の書類を作成致します。弊社よりサポート致しますので、必要書類のご提出をお願いします。

STEP6

助成金の支給

支給申請書類を提出して、労働局の指摘項目対応後に、支給決定通知書が労働局より送られて来ます。支給申請書類提出後7ヶ月前後が入金のタイミングです。

助成金受給までの流れを記載させて頂きます。
組み合わせによっては、若干異なる場合も御座います。予め、ご了承下さい。

助成金コンサルご相談ダイヤル

0120-345-155
受付時間 9:00~18:00(土日祝休)

メールでのお問い合わせ